支援のお願いSupport

象牙目的の密猟によって失われるアフリカゾウの命を救いたいと、2人の日本人女性が設立した「アフリカゾウの涙」
私たちの活動は、みなさまの温かい支援で支えられています。
お寄せ頂いた寄付金は、密猟を未然に防ぐレンジャーパトロール、アフリカのマサイとゾウの共存を手助けする養蜂、象牙を必要としない世代を育てる啓発活動など、
動物たちを守るために大切に活用させていただいております。

みなさまの支援でできることの例

100
/ 1日

1日100円の支援で、年間24の学校に環境保全問題を伝えることができます。
日本やアフリカの日本人学校で、野生動物と自然について考える授業や絵本の寄付を行うことで、子供たちが野生動物を脅かす社会問題を一緒に考える機会を作り、象牙を必要としない世代作りの助けになります。


100
/ 1日

1日100円の支援で、アフリカ養蜂事業のハチ箱2つを設置できます。
野生動物の保護には、同じ土地で生活するマサイの協力が必要不可欠。ゾウがミツバチを本能的に嫌がる性質を利用し、ゾウによる作物被害を防ぎ、ハチミツ収穫からマサイが現金収入を得られ、生活向上にもつながります。


300
/ 1日

1日300円の支援で、密猟者探知犬1頭の餌代が維持できます。
私たちは、2013年にマサイマラ国立保護区へアメリカで訓練を受けた探知犬2頭(ゲイジとガーヴィー)を提供しました。ゲイジとガーヴィーは立派に滝田率いる密猟阻止ユニットの一員として活躍しています。


ご支援の方法

マンスリーサポーターとして継続的なご支援

[マンスリーサポーター学生(500円/月)]
学生専用のサポーター会員です。毎月500円を寄付いただきます。

[マンスリーサポーター1000(1,000円/月)]
毎月1,000円を寄付するサポーター会員です。

[マンスリーサポーター3000(3,000円/月)]
毎月3,000円を寄付するサポーター会員です。

・月に一度、クレジットカード決済代行会社(株式会社手嶋屋/PNE.club)より、自動的に引き落としされます。
・退会は、入会後のPNE.clubのサイトから行うことができます。もしくは、ご入会後毎月2回送られるメンバーサポートメールに返信いただいても、退会処理をいたします。
>>その他のご質問

一度だけ、自由な金額でご支援

・以下の口座へ銀行振込にてご支援をお願いいたします。
・いつでも、ご自由な金額をご支援いただけます。

三菱東京UFJ銀行渋谷支店(135)
普通口座 1108896
特定非営利活動法人アフリカゾウの涙
トクヒ)アフリカゾウノナミダ

お振り込み後は、下記フォームよりご一報いいただけると幸いです。

今ヘルプを必要としている、特定の目的にご支援