絵本「牙なしゾウのレマ」今月は熊本の小学校へ!

No Ivory Generation Project

象牙を使わない世代作りに向けて!

 

ゾウを好きになってもらいたい。

野生の動物の世界を知ってもらいたい。

人が使うものが、どこから来ているのか。

使うことによってどのような影響があるのか。

そんなことを考えるきっかけ作りのために作った1冊の絵本。

2015年にNHK出版さんとアーティストの小林絵里子さんのご協力のもと、「牙なしゾウのレマ」が誕生しました。

この絵本を作った目的は、この絵本を全国の小学校に届けることです。

2015年10月から、少しずつお手紙と共に小学校へ送らせて頂いています。

今月は熊本の小学校へ!計400冊以上送ることができました。今まで4000校以上の小学校に寄付させて頂いております。

この絵本が届いた学校で素敵な出会いになっていますように!

#NoIvoryJapan 

 

このプロジェクトの詳細<こちら>

絵本を受け取られた学校様へ

この絵本は、私たちの「象牙を必要としてない世代作り」に賛同して頂いているスポンサー様のご協力のもと、寄付させて頂いています。この絵本をきっかけに、先生方、生徒さん方がもっと人と資源の関係や、アフリカの自然や人々に関して知りたいと思って頂けたら、ぜひ私たちにご連絡ください。先生方に情報や写真などを提供させて頂いたり、可能な場合は、私たちが日本にいるときに学校へ訪問して特別授業をさせ頂いています。また声優さんのご協力のもと、読み聞かせのイベントなども不定期に開催させて頂いています。

お問い合わせ先:info@taelephants.org

 

熊本復興応援メッセージ

熊本のみなさまへ

大変な震災から1年近くが経ちました。

まだ復興作業で大変な思いをされている方もたくさんいらっしゃるかと思います。アフリカゾウの涙の仲間も私も家族や友人が熊本にいます。震災当時に熊本に物資を積んで家族の元へ飛んでいきましたが、熊本城や周りの姿に言葉を失いました。震災から1年近く経った今もまだまだ傷跡が深く残っており、引き続き応援も支援も必要だと感じています。

「牙なしゾウのレマ」が一人でも多くのお子様に元気や笑顔を与えるきっかけにも役立てばと心から思います。

私たちはアフリカゾウとサイの保護に力を入れていますが、熊本のみなさんを応援しているということもお伝えしたく、メッセージを書かせていただきました。

                                                やまわきあいり

                                                共同創立者

Photo by Neil Thomas

 

プロジェクト協賛・協力

ワールド通商株式会社

NHK出版

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    澤山 則子 (日曜日, 30 4月 2017 19:45)

    ホームページの更新
    楽しみにしています。
    皆さまの活動を陰ながら応援させていただきます。
    お身体にお気をつけください。