養蜂箱を置いた、ニャクエリの森について

2015/7

あたらめて、養蜂箱を置いたニャクエリの場所をご紹介します

 

ご存知、ケニアはアフリカ大陸のここ。

ケニアとタンザニアの国境付近のこの赤い四角で囲ったあたり・・・

ここ一帯が今回の養蜂プロジェクトの舞台、ニャクエリの森です!

ニャクエリの森は聖なる森として大切にされてきましたが、村人の日々の糧をえるために伐採され、そのために野生動物も減少しています。

 

赤い星の箇所に養蜂箱を設置しています。

こんな感じで箱は設置されています。

また現地のメンバーは蜂にさされないためにビースーツをきていますが

蜂にさされることになれたメンバーはノースーツ(素肌)で対応しています。

 

以下森林伐採の現場、滝田がリポートしました。