マサイマラに新しい仲間がやってきました!               300KMビッグウォークで集まった資金で探知犬2頭を購入

2015/08

2013年7月に行われた300kmビッグウォークチャレンジで多くの方に支えられ、イベント期間中に235万7千円集まりました(期間後に頂いているご支援は、探知犬ユニットの実際の運営や象牙反対キャンペーンに使わせて頂きます)。ありがとうございます!これらの資金とその他アフリカゾウの涙への支援金を使って、マサイマラの密猟阻止ユニットに新たな仕事仲間を増やすことが出来ました。ラブラドールリトリーバー2頭です。彼らは、隠された象牙や銃器などを探知するお仕事犬です。

 

探知犬費用の寄付は、犬の購入費用の他、満月などの緊急時のパトロール費やインテリジェンスワークに使われます。インテリジェンスワークとは保護区に侵入しようとしている密猟者などの情報を得るための囮捜査のことです。現状として、近年のマサイマラの周辺の住民の持つ違法銃器が密猟に使われているので、その取り締まりの必要性が増してきています。その他、密猟者に象牙を持って行かれて回収が難しいのが現状ですが、せめて象牙が売られる前に回収出来れば密猟者にとって簡単なキャッシュソースになることを防げます。そこで探知犬の活躍が期待されます。保護区に入ってくる車、保護区近辺を通過する車チェック、容疑者の家捜査、などが彼らの活躍の場になります。

 

 

ゲージとガーヴィーは8月に無事アメリカから現地ケニアのマサイマラに到着し、只今毎日頑張っています。アフリカゾウの涙は今後の彼らの仕事ぶりをおいかけ、彼らの活動を援助していきます。皆さまも応援宜しくお願いします!